<meta name="auther"content="NOU"/>

のぅは魚になっても泳げない

だから来世はネコがいい。不登校→通信制高校二年生の日記。

10月11日 大きな一歩

やっぱり暗い感じの記事を書いたらアクセス数ががくんと減りますね。めっちゃ少なくて爆笑した

のぅです、こんばんは。

 

 

ま、アクセス数とか気にしませんが。(めっちゃ気にしてる)

 

最近ふらゆきさんがたくさん反応してくださるので嬉しいです!

私の家族、親戚は超複雑で、家族関係説明するので一つの記事がおわっちゃうと思うので、「まじで書くことなんもない!でも書きたい気分!」って時のためにとっておきます。

 

 

今日こそは恋愛遍歴Part.2書くぞ!って思ってたんですが、それより大事なことがあるのでそれを話します。

 

 

のぅは、今日、学校に行きました!

いえーい。

 

順を追って説明しますね。

 

まず、先週の金曜くらいに「10日から行くつもりです」ってブログでも言ったと思うし先生にも言ったんですけど、やっぱ10日(昨日)は行けませんでした。

ベットから起きれなくてもうだめだーって思って。

 

だけど、やっぱ行ったほうがいいよね...って思って、11日(今日)は行くことに決めたんです。

 

で、今までは「明日行く」って言いながら、準備もせずに寝てたから行けなかったのかなぁと思って、昨日の夜に嫌々ながらも準備してたんです。

そしたらなぜか涙がでてきて、あぁー....って思いながらも無心で教科書をリュックにつめてました。

 

たぶん、今までは学校のことを考えるのを無意識に避けてたんですよね。

考えたらきつくなるから考えないようにしてたんです。

だから休んでる間は1秒も勉強してないし、教科書も段ボール箱に封印してました。

そんなかんじなので、昨日準備している間は頭がおかしかったです。

涙が出てきたと思ったら、急に可笑しくなってきて笑いだしたり、ぼーーーってして動かなかったり、急に立てなくなって座り込んだり。

 

それでどうにか詰め終って、すぐ寝ました。

いつもは学校の前の日は緊張して眠れませんが、昨日はずっと学校のこと考えてて超疲れてたから眠れたのかもしれません。

 

で、朝5:30に起きたんですけど、やっぱり行ける気しなくて、二度寝して、お母さんに6:30に起こされました。

 

そのときも行ける気してなかったんですけどその時に、『今日行ってやっぱり無理だったら逆に転校する決心がつくじゃん』って思って、なぜか行く気になって、着替えました。

 

今まで私は、学校行きたくないとか、違う学校にしたいとか思ってたんですけど、実際に退学してほかの学校に移る決心はついてなかったんですよね。

その転校した学校でもやっていけるかわからなくて。あと、辞めたことを後悔したらいやだなと思って。

だから今日行ってみて無理だったら明日にでも転校を考えようと思って行きました。

 

で、いつもはバスで一時間かけて学校まで行ってますが、今日はお母さんに遅れて仕事に行くことにしてもらって車で学校まで送ってもらいました。

 

行く途中も嫌で嫌でほんっとうに嫌でしたが、車は進み続けとうとう学校の近くに。

その時は心臓やばかったし、歯とかも震えてたし、動けなかったです。

 

で、学校の近くのコンビニに車を停めてもらったけど、もちろん出られるはずはなく。

15分くらいかな?

そのくらいだと思うけどもっと短かったかも。

まぁしばらく車の中で座ってて、「もうやっぱり無理だ、バスに乗って帰ろう」って考えてた時に、先生から電話が来て。

 

お母さんが「ここまで来れたことだけでも先生に伝えよう?」っていって、車で正門まで行くことに。

 

そして学校の駐車場で待ってたら、副担任の先生が来たけど、ちょっと苦手なので無視して車から出ていきませんでした。ごめんなさい。

そのあと担任の先生が来て、保健室に行くことに。

 

このまえ、「担任の先生嫌い」って言ってましたが、やっぱりいい先生っぽいので、けっこう好きになりました。(恋とかじゃないよ!)

 

私は小学校の時にしばらく保健室登校してたんですけど、高校には保健室の隣に小さい部屋があって、そこに行きました。(小学校にはなかった)

 

そこめっちゃ快適なんですよ。

とても落ち着けて。

机2つと窓とエアコンと棚だけしかない小さい部屋です。

閉所恐怖症の人は無理かも。

 

そこにいって、担任の先生としばらく話しました。

学校に来れたことをすごく褒めてくれたからうれしかった。

で、その部屋で一日自習することになりました。

 

 

なんか、その部屋で教科の先生が出した課題を一時間やったら、授業に出席しなくても出席したことになる、みたいな特別な規定が私の学校にはあるらしいです。

でも、その制度を利用するには病院からの診断書が必要らしいので、今日は課題は貰えず、自習してました。

 

なので今度、心療内科に行ってきます。

 

ひさしぶりにシャーペンを握りましたが、学校ってやっぱ集中できますね。

あまり長いと感じずに6時限目まで終わりました。

 

途中で、Mくんとあと3人、男子2人女子2人が来てくれました。

Mくんとは家も昔は近所で(私が高校に入ってから引っ越した)、もう10年以上一緒なので緊張しなかったし、あとの三人も誰にでも仲良く接する感じの、いい人たちだったのでよかったです。

ちょっと焦って緊張したけど嬉しかった。

 

私は集団生活とかが嫌いなのかもしれませんね...。

自分でもよくわかりませんが。

なので、クラスに入るのはまだ勇気がいるけど、この部屋だったらいけそう、かな。

今は明日のこと考えたらこころが苦しくなってきついので考えません。

明日も一応行く方向です、一応...。

 

あと、その部屋には学年主任の先生も来ました。

その先生厳しいし、言ってること意味わからんし、怖いので苦手です。

なんか、その先生と話すとき怖くて顔がニヤついてしまうんですよね....。

私、怖い人と話すとき、口が笑ってしまうんです。ヘラって。

その顔が自分でとても嫌いなので、今日はマスクしていてよかったです。

マスクは神だ。

 

でもその学年主任の厳しいのは愛情からくる厳しさなのかなぁと考えたりもしました。違うかもだけど。

あと、その先生国語担当なんですが、私が一年生の時の最初のテストでもっっっのすごくいい点数をとったから期待されてるのもあるかも....。

今はてんでだめですが。

あと、その先生の夢が『この学年の生徒全員を一人も欠けずに卒業させること』らしい。

だから「のぅは退学しないほうがいいと思う」「この学校で頑張るべき」とか色々言われましたがそこまで気にしてません。

 

その点、担任の先生は、通信制高校に行く方向でも、留年する方向でも、この学校で過ごす方向でも、色々考えて、どれにしても応援してくれるので気が楽です。

別室登校の件も、細かい決まりとか調べてくれましたし。

 

いまのとこ気がかりなのはその学年主任の先生だけですね。

部屋から出ていくときに、「今日はもう来ないからねー、ばいばい」って言ってたんで、明日はくるのかよ...って思いました。

あー、明日もくるのかな....。

 

担任の先生は、「しばらく別室で自習して、また気が変わったら教室に行くなりまたしばらく休むなりすればいいよ」ってかんじなんですが、学年主任の先生は、「いちはやく教室にきて授業うけろ、なんでこないの?」みたいなかんじなので嫌です。

あと「もっと勉強しろ」って言うのも嫌だ。

 

あと周りの目がどうしても気になるし、誰かが話してるだけでも私の悪口かもって思ってしまうのもなおしたいです。

頭では、「そんなことない、大丈夫」って思ってるんだけど、どうしてもそう考えてしまうから....。

 

明日、学年主任の先生がきたとしても、気にしないで聞き流そう。

はぁー。

 

 

とりあえず、家族も先生も「今日行けたことは大きな一歩」って言ってるから大丈夫だと思う。

あと二日で土曜日だから、あと二日別室に登校できたらたいしたもんだって自分をほめよう。

明日、つらいことがありませんように。

もしつらいことがあっても、「ブログに書くネタが増えた!ありがとうございます!」って思おう。無理かもだけど。

 

 

よし寝ます!

おやすみなさい(^^♪